プロフィール

「音楽を通じて子どもたちの“すき”の気持ちを育てたい」

3歳の頃からピアノを通じて音楽の道を歩み始めピアノ20年・バイオリン10年・ポップス(歌)6年の音楽歴を持つ。2014年より劇団四季のオーディション選考委員・新人教育も務める佐々木勉氏の指導のもと本格的にステージ活動を開始。「音楽を通じて子どもたちの“すき”の気持ちを育てたい」をコンセプトに多くのステージに出演。またステージ活動の傍ら保育士も務め日々たくさんの子どもの視点・感性・感情を肌で感じる環境に身をおく事で、音楽のスキルだけでは到達できない子ども達の為のステージ作りに励んでいる。壇上でのパフォーマンスだけでなく、同じ目線で子ども一人一人と触れ合う事にも力を入れており、子ども達が多くの世界観と出会い、自由に自分を表現する力を身につけてもらう事で将来の可能性を広げていってほしいという活動を行っている。

メッセージ

こんにちは!”るるおねえさん”こと歌のおねえさんRursus*(ルルスス)です!

私は「音楽を通じて子どもたちの”すき”の気持ちを育てたい」をコンセプトとして東京を中心に様々なイベントや商業施設などで歌のステージを提供しています。

一緒に歌ったり、踊ったりする事で自分の気持ちを自由に表現してほしい。お父様お母様にも子どもたちの新たな一面を発見してほしい。私のステージを通して様々な世界観と出会い”すき”を増やしてほしい。そんな想いで会場や季節、見てくれるお客様など企画ごとに合わせたステージを提供しています!

ステージではいかに皆さんに楽しんでもらえるかと同時に、音楽教育の理論や保育士として携わる中で得た子どもたちに関する学びを取り入れる事で、子どもたちの表現力を育てるといったところにも力を入れています。
ステージで皆さんにお会い出来ることを楽しみにしています!